製品紹介

  • ph調整ユニット

    ph調整ユニット
    放流水質 pH5.0を超え9.0未満
    処理方式 連続式中和処理
    特徴
    地上設置型(セパレート)

    詳細メーカーサイトへ

  • 除害ユニット

    除害ユニット
    放流水質 BOD600mg/L未満 SS600mg/L未満 ph 5.0を超え9.0未満
    処理方式 中和緩衝槽+担体流動方式
    特徴
    生物処理の前段に組み込んだ中和緩衝槽で、薬剤の影響を減衰させます。
    担体流動方式の採用で、従来方式に比べ、コンパクトになりました。
    余剰汚泥の発生も無く、危険な薬品を使用しないため、管理も容易でランニングコストの低減をもたらします。

    詳細メーカーサイトへ

  • BOD処理ユニット

    BOD処理ユニット
    放流水質 BOD20mg/L以下 SS50mg/L以下 pH 5.8~8.6
    処理方式 中和緩衝+担体流動方式

    中和緩衝+担体流動方式

    特徴
    担体流動方式の採用で、微生物を担体に付着・増殖させることにより生物量を保持します。
    微生物の代謝能力により有機物の分解を行います。
    処理水と汚泥の固液分離は担体ろ過によって行われ、維持管理に容易になりました。
    BOD20mg/l以下、pH5.8~8.6の処理水質でそのまま、公共用水域へ放流できます。

    詳細メーカーサイトへ

  • 学校給食センター専用除害ユニット

    学校給食センター専用除害ユニット
    放流水質 BOD600mg/L未満 SS600mg/L未満 n-Hex30mg/L以下 pH5.0~9.0

    担体流動方式

    特徴
    夏休み、ゴールデンウィーク等の施設休業時には流入の有無を自動で検知し、省エネモードに切り替わります。本システムにより、従来品と比べ年額で平均45%以上の電力消費量の削減となります(当社従来比)。
    専用の早期立上げシステムにて、長期休暇後の処理性能の悪化を抑制します。
    余剰汚泥の清掃の必要が無く、水処理薬品を用いませんので運転管理費が低廉です。

    詳細メーカーサイトへ

  • 厨房除害ユニット

    厨房除害ユニット
    放流水質 BOD600mg/L未満 SS600mg/L未満 n-Hex30mg/L以下 pH5.0~9.0 ※BOD、SSとも300mg/Lの放流水質にも対応可能です。 ※n-Hex:動植物油脂類 含有量

    担体流動方式

    特徴
    「生物処理」により、効率よく下水道廃水基準値をクリアします。
    余剰汚泥の処分費用が大幅に削減可能です。
    水処理薬品を用いませんので、運転管理費が低廉です。

    詳細メーカーサイトへ

  • 洗卵廃水処理ユニット

    洗卵廃水処理ユニット

    インライン方式・オフライン方式 いずれにも対応

    特徴
    フジクリーン洗卵廃水処理ユニットは、GPセンターのオートローダー、洗卵機、泡洗浄器、トレー洗濯の廃水を処理します。
    また、洗卵機械の処理能力(万卵/時)と洗浄時間により廃水量が設定され、稼働時間中はほぼ一定量の廃水で、ピーク時の変動が少ないことが挙げられます。

    詳細メーカーサイトへ

  • 搾乳廃水ユニット

    搾乳廃水ユニット
    放流水質 BOD120mg/L以下 pH 5.8~8.6

    担体流動方式

    特徴
    パーラーから出る廃水を担体流動方式により効率的に処理し、放流可能な水質とします。
    流量調整槽の前置によりピーク廃水を緩衝し、安定的な処理を実現しました。
    中和剤を使用せず、ランニングコストの低減を実現しました。

    詳細メーカーサイトへ

TOPへ戻る